カテゴリー
スピリチャル ソーシャル ベリーダンス レッスン

願掛け新月・満月のダンスとは?

この願掛け新月・満月ダンスとは、その題名の通り願掛けを満月・新月にします。
で、願いを祈りというエネルギーに変えて、どうせなら踊って願掛けして、さらに楽しく願掛け出来て、しかも気分も爽快になり、
踊るという事で表現がされ、表現は思っている考えている事の具現化。具現化にてさらなる確認。踊るというテクニックの上達や体のフィットネス、心の発散と表現など相乗効果あって叶いやすいと、私自身が実証済みです。
お寺や、聖なる場所で巫女の様に踊るダンサーとして活躍したい!とイメージしながら思いながらしていた所、1年くらいした所で
今している活動、教会でドイツのミュージシャンと即興共演で出演することが叶いました。
な・の・で、是非お勧めです。
最初踊る前に瞑想もすると良いですね。
無の状態に、一回自分を浄化してまっさらに洗った後に

カテゴリー
スピリチャル

瞑想ベリーダンスは鎌倉時代からあった!?

今日は私の瞑想ベリーダンスの理念、論理、がなんと鎌倉時代~くらいから活躍した浄土教、時宗の開祖一遍、一遍上人の踊念仏がまったく同じでびっくりしたお話です。
一遍、彼の詳しい事は今日は理念のお話にフォーカスしたいので彼の簡単な自己紹介はこちらのリンクでチェックしてね。→一遍
彼の踊念仏という哲学が私の成し遂げたい踊りの理念と合っていてとても感動しました。で、早速何が?という事で、ある本に出合ったのがキッカケでした。その本から引用します。

延暦寺東塔桜本の兵部堅者重豪が「踊りて念仏申さるゝ事けしからず」と、一遍を訪ねて難結したとき、一遍は「はねばはねよをどらばをどれはるこまの のりのみちをばしる人ぞしる」、跳ねたければ春駒が跳ね踊るように跳ねればよいし、踊りたければ踊って念仏すればよい、そうすれば春駒にのることはできなくても、仏の教えを会得することはできるでしょう、といったところ、重豪は「心こまのりしづめたるものならばさのみはかくやをどりはぬべき」、たけたつ心の駒をのりしづめるのが法の道である。欲望のままに動きやすい心を静かにおさえるのが道なのに、どうしてそんなに踊りはねる必要があるのでしょうか、といったが、それに対して一遍は「ともはねよかくてもをどれこゝろごま みだのみのりときくぞうれしき」、ともかく踊りはねたいという心の駒は思うざま跳ねおどらせばよいのだ。そこから得られる歓喜こそが阿弥陀仏の御法の声だと思えば嬉しいことなのだ、と答えている。

この二人のやり取りに対して

ここには身心を「静」の状態において仏を見ようとする重豪の立場と、身心を「動」にたかめることによって仏と一体化をはかろうとする一遍の立場の相違を知ることが出来る
と著者は書いている。

カテゴリー
スピリチャル

ベリーダンス 音楽と体の関係について

ベリーダンスの練習やパフォーマンスでも大事なのは音楽ですね。
私はインド舞踊っぽいのからドラムソロ、アラビック、そしてトランスでも・・・結構色々な音楽で練習します。特に練習は体のパーツ訓練の為にドラムの音で練習します。
体と音楽が一体化するとダンスはさらに楽しいって感じが出ますね。ドラムの音はその一体感を感じさせてくれます。とくに上手く音楽に合わせることができると上達したな~なんても思ったり・・。気分と体にどのような音楽が今日はあってるか?聞いてから練習にかかります。今日は少し気分アップしたいときは早めの音楽で、まだそんなに動きたくなかったら、ゆっくりめの・・など、最初にリラックスしてから練習にかかると脳のアルファ波が出て体も柔らかくなってくるので、ストレッチはいつもゆっくりめの音楽でします。
もしアラビックやいつも聞いている音楽に飽きたら、ぜんぜん違う音楽きいて練習なんかもします。フラメンコ、サルサやクラシック・・運動と音楽の関係では好きな自分のピッチに合った音楽でするとはかどるそうです・・。でもこれは分かります。良い、好き、楽しい、という感じは自分に良いっていう証拠です。
ライフもこの感情で何か判断に迷ったら従ったほうが良い決める秤の言葉になりますね。
振り付けになると、お気に入りの音楽で・・いままでのインスピレーションをいかして作っていきます。これは料理みたいなものだな~と思います。色々材料を集めて自己の味覚で作っていく作業と感覚・・。
最後のストレッチアフターケアもゆっくりめの音楽で激しい運動で体が緊張しておりますので体のピッチを下げるためにも必ずします。このアフターケアをしなかったときに、いつも練習後が体がまだ興奮していて寝れなかったことがありました。足が凄く浮腫んで痛いとか、腰が痛い、なかなか疲れているのに寝付けない!とか・・あっ、そうだ、アフターケア忘れてた・・。ってことを気づきました・・。ストレッチの他にお風呂に入ったり、マッサージもしたりしてアフターケアも練習と同じくらい大事に心がけています。腰なんかはベリーダンサーにつき物の病気。特に腰なんかは大事なアフターケアーです。アフターケアーについての動画あります。それはここをクリック

カテゴリー
スピリチャル 自己紹介

ベリーダンスと私2

そしてベリーダンスをしていってもう一つ気づいたのは
ダンスで綺麗になれる事。
というのはまずはベリーダンスは女らしさの表現での踊でもありますので
優雅さと艶やかさが身につきます。
(実際に観客からどう見えてるかは別として自分的に多少とも身に付いたと思います(^^))
そしてもう一つは
ベリーダンスでスピリチャルな心の体操が出来ること。
と言うのは、例えば、踊りながらグラウンディング(大地と自分をコネクションする瞑想の1種)する事。
新月にお願いを祈りながら踊ったり。
そういえば、ベリーターキッシュで皆で輪になってトランス状態に入って踊ったりするレッスンもある!
夜は星を見ながら夕陽や朝焼けをみながら踊るのも自然と一体化するのも気持ちいい♥
何だか宇宙を感じてパワーを踊りながらもらうんです。
wpid-bluemoon1.jpg
本当、ベリーダンスって体に良いダイエットになれるだけじゃなくて心にもイイ
なんて素晴らしい踊り♥