カテゴリー
お勧めの本 ソーシャル

ベリーダンスジャパンマガジンVol.40

皆さん!40号にもベリーダンスジャパンマガジンにて私のドイツレポートの記事が掲載中です。ただ、内容が残念ながらベリーダンスジャパンマガジンさんとの契約で見せることが出来ないのとそれと同じ内容がブログ、などのネット等の記事に書けませんので是非ドイツのトライバルシーンやオリエンタルシーンについて知りたい方は購入してみて下さい。
それ以外も衣装について、日本でのシーンなど内容は盛り沢山ですので買う価値はありますよ~!
今回はオリエンタルとトライバルの合同イベントと、トライバル・ユージョンのローカルイベントについてです。

カテゴリー
レッスン

2016年12月のYouTubeライブレッスン集

12月は二回のライブレッスンでした。これを見て復習してね!
第20回目 トライバル/フュージョンの基礎

 
第21回目 半ハガラとアンジュレーションのコンビ

カテゴリー
パフォーマンス案内 ブログ ベリーダンス

2016年度トライバルフェスティバル(Hannover)の報告・ソロ編

お次はソロの報告です。今回のダンスの題名はTempl mädchan tanz (巫女ダンス)にしました。というのはどーしても即興、インプロで踊りたかったのです。私のダンスへのモチベーションとしては行き着くところはインプロでさっと踊って感性的に、踊る事です。振り付けもある程度はもちろん大事ですし、したほうがいいのですが、私は本番でたまに振り付け踊ると、その時の気分と体が違う・・といった感じで踊りにくい時があります。後、振り付けでたまに忘れてしまし、あ、っという時ありますね、集中力が切れてしまって・・そんな時に踊りというよりどーにかしようとごまかして踊るのでなんだか踊るという感じがしないのがぶっちゃけ面倒くさいんです。
私は実は

カテゴリー
パフォーマンス案内

2016年度ハノーファーTribal festival にて

今年2016年度のハノーファー(Hannover)トライバルフェスティバルの報告になります。
今回もスター揃いでした。前回ご紹介した日本人トライバルダンサーKaeさんも居たし、ヨーロッパ中から参加しました。アイランド、イギリス、スペイン、等等。今回はコールダスト(coaldust)私のチームが土曜日のガラショウに参加しました。私もソロで参加もしましたが、この報告は又後に。新しい振り付けに衣装で参加!以上の写真↑ご覧下さい。

カテゴリー
スピリチャル

トライバルベリーダンス

トライバルベリーダンスをしてみて思った事です。
これって元が民族的踊りの為に何だか儀式っぽくて魔女の踊りみたい笑
トライバルとは?簡単に説明すると、アメリカントライバルスタイル略してATSとも言う。s80年代にアメリカのサンフランシスコでアフリカとインドと中東のダンスや衣装、音楽を合わせた踊りを表現してトライバルが出てきて更にhiphopやモダンバレエやjazz、色んな要素を取り入れたのがトライバルフュージョン
ゴッシックやバーレスクもあります。
このトライバルベリーは輪になったり列になったりみんなで踊るんです。一人で踊るソロがどちらかと言えばメインのオリエンタルとは対照的ですね。
トライバルの良さはそこにあります。
例えばどんな事するの?と言えば‥
一人が声を上げたらそれは今から180℃回るよって合図だったり。
一人ずつ前に出ててその前の人が踊ることをみんなで踊ったり。
なのでどちらかっていうとあるパターンの細いテクニックの振り付けを習得してくって感じですね。
私は結構好きかも!(^^)! みんなで夜に火の周りで踊ったりしてそれが満月の日とかで‥って本当に魔女の儀式みたいな感じ好きかも笑
image
フュージョンは又別。フュージョンはこのトライバルの振り付けとバレエとか他のダンス要素が混ざった振り付け。
まさにフュージョンされた型って感じですね。
オリエンタルはもちろん基礎に入ってるのでトライバルとフュージョンは最近の進化したベリーダンスってとこでしょうか。
うんん、やはりベリーダンスは知れば知るほど深いですね−(^p^)