カテゴリー
ダンスセラピー ブログ

ダンスセラピーグループと個人での効果の違いは?

ダンスセラピーでは
グループと個人
セッションがあります

それぞれ効果の特徴があり

グループでは主に
人間関係にまつわる事に効果があります
例えば・・
お互いに触れ合う、輪になって踊ってみる、
といったみんなで何かするという事に

レゾナンツとい
体の触れる距離など色々影響しあって
自分と相手のコミュニケーションに役立ちます。
そこで距離感だったり、受け止め方など人間関係のコミュニケーションに必要な事を学ぶんですね

個人では

自分の体の動きや感覚の知覚を自分で確かめながら感じたことを話したりしながら行っていきます。


自己発見自己成長などの自分自身にまつわることが主です

まだグループにはちょっと・・など特にHSPの方には個人でのセッションからがお勧めです
まず自己を掴んでいって、自分なりの信念や自分ってなんだろう?、自分の思い癖、体の感覚の事など自覚して自分を安定してからグループに入ると人に対して敏感な方は疲れにくい対抗が出来ているメンタルで行くと良いですね。

人生進路にまよってる学生さん
就職したけどなんかこの仕事でいいのだろうか?

というモヤモヤを抱いている方にも個人セッションが
とってもおすすめです。

グループと個人のセッションを同時に行う場合もあります。グループと個人の効果を使って進行できるのがメリットです。

ちなみにドイツ(ダンスセラピー)
ではそういう効果が
現れている
もしくは
すでに
もう現れている事を

現象してある
と言い

ドイツの哲学者
へーゲルの
現象学
からもこの
思想を取り込んで

分析方法とし学び
活用もしていきます