カテゴリー
パフォーマンス案内 ブログ ベリーダンス

2016年度トライバルフェスティバル(Hannover)の報告・ソロ編

お次はソロの報告です。今回のダンスの題名はTempl mädchan tanz (巫女ダンス)にしました。というのはどーしても即興、インプロで踊りたかったのです。私のダンスへのモチベーションとしては行き着くところはインプロでさっと踊って感性的に、踊る事です。振り付けもある程度はもちろん大事ですし、したほうがいいのですが、私は本番でたまに振り付け踊ると、その時の気分と体が違う・・といった感じで踊りにくい時があります。後、振り付けでたまに忘れてしまし、あ、っという時ありますね、集中力が切れてしまって・・そんな時に踊りというよりどーにかしようとごまかして踊るのでなんだか踊るという感じがしないのがぶっちゃけ面倒くさいんです。
私は実は踊っていてそのときに感じたことを踊って伝える流動的な踊りが好きです。え!じゃあグループは振り付けじゃない?って思うでしょ、確かに凄く大変です。考えながら踊るんですから、グループの方が緊張します。でも振り付けも踊れば踊るほど味が出てくるんでそれも嫌いではないですよ。ただ、ソロで振り付けはこうしたい!こう踊りたい!と情熱が出ないと作る気になりません笑。下手に決めてしまうと当日踊りにくくなるので・・。
前置き長くなりましたが、で、どうだったんだイベントの感想は?って所で、何を踊っているか忘れました笑。でもこれ私に良い意味です。忘れたほどすぱっと踊れて考えず、ひたすら音に合わせて踊れたって事ですから・・。長くなりましたので今日はこの辺で!